不動産を高値で売った体験談

戸建の家を高く売って得したという体験談をご紹介します。戸建の家の場合は、築年数が経つと、ほとんど土地の値段しかつかないとも言われています。

 

「思い入れがある家がこんない安い価格になるなんて・・・」とショックを受ける人も多いようですが、それもどんな業者に査定してもらうか、いつ売るかによって大きく結果が変わってきます。
この体験談を読むと、地価の上昇に合わせて家を売ることがいかに重要かわかると思います。

 

タイミングの良いときに高値で売って正解

カップル

まだ、結婚したばかりの頃は、成長期の頃で夫と二人家を購入してしまおうと努力していた時代だったのです。

マイホームを持つことは夢でしたし、今ならやっていけるという二人の意見が一致したこともありお互いに頑張っていけたのです。

 

がんばった甲斐あって、家のローンを全て返し終わることもでき、家族が増えて生活していく楽しい時代へと変わっていったのです。
それと同時に、土地価格も上昇するようになり一番良い時代では住んでいる土地が5千万円の価値をつけたこと、とても高値で驚くほどの変化だったのです。

 

ちょうど転勤も絡んでいたし、この土地へ戻ってくることもないかも知れないということから戸建の家を売ってしまうことにしたのです。

老夫婦


そして、もし戻ってきてもマンション暮らしということも考えられますから、その時になって決めようと家族の意見も確認して出した結論、こうして我が家は高値で販売することができたのです。
それから数年経過するころには、不動産価値がどんどん下がっていき当時5千万円の価値があった土地は今は2千万円程度だというのです。

 

私達は、タイミングの良いときに高値で売ることができ、また戻ってきたこの土地で前回よりも良い物件を手にしたのです。

 

不動産を売る時期を選べない場合

戸建の家にに限った話ではないですが、今不動産を売らなければならないという状況になった場合にこそ、イエイ不動産のようなオンライン査定サイトが役立ちます。
タイミングをはかれない分、どこでどのように査定して売るかが重要です。