家を売るのにかかる費用はいくら?

家を売るのに費用がかかるのを知っていますか?
具体的には税金や諸経費なのです。実際に手に入るお金は、家の売却額から費用を差し引いた金額です。
家を売る費用を把握しておかないと資金計画が狂うこともありますから注意しましょう。

 

ここでは家を売るのにかかる費用についてご説明します。

 

家の売却費用の内訳

  • 不動産会社への手数料(仲介手数料)
  • 譲渡税(利益がでたら所得税・住民税も)
  • 登記費用(司法書士に頼む場合はその報酬も)
  • 売買契約書の印紙代

ざっくりとこんな感じです。
このほかにも居住中の家を売るなら、引越し費用も計算に入れておいたほうがいいでしょう。

 

不動産会社の仲介手数料はいくら?

仲介手数料は売却価格により決まります。
上限報酬が定められているのでその範囲内になります。
上限報酬だと

 

売却価格の3.24%+64800円(税込)です。

 

税金について

家を売った利益をは、譲渡益と呼びます。
譲渡益がでるとその利益に対して、所得税と住民税がかかってきます。

 

具体的には、家を売った収入から経費を差し引いた価格が譲渡益(譲渡所得)となりそこに税金がかかります。

 

譲渡所得の税率について

譲渡所得の税率ですが、家の所有期間や利用形態によって異なります。一定の条件を満たした場合は特別控除の対象になることもあります。

 

税法は適宜変わるので売却前に専門家に相談してみることをおすすめします。
家を売った後に、税金が払えなくなったら大変なことですよ。

 

イエイ不動産のような一括査定サイトでいくつかの不動産屋に見積もりをした際に、聞いてみるといいです。
実際の契約は、費用のこと税金のことなど、細かく教えてくれる業者を選ぶのがおすすめです。

 

不動産会社によってかかる費用が変わる

さきほど、不動産会社への手数料(仲介手数料)についてお話ししましたら、基本的には計算式が決まっているものなのですが、場合によっては安くなる業者がいたりします。
すでに顧客がいて、広告費を削減できた分、何らかの形でサービスしてくれるケースです。

 

ただ、どこにこんな業者がいるかはわかりませんし、数多くある業者から1社を選ぶのですから、大変な作業ですよね。
そんな時に便利なのが「一括見積もり」です。


無料で複数の業者に見積もり依頼を出すことができるので比較して費用が安くおさえられる業者を選ぶことができますよ。

 

また、あなたの家が複数の不動産業者が注目してる地域にある物件の場合、自分のところと契約してもらおうとして仲介手数料が安くなることがあるかもしれません。
この辺りは、絶対にとはいえませんが、複数の業者を比較して損をすることはありません。

 

売却価格の面からも業者の比較がおすすめ

例えばですが、複数の業者を比較したところ、1200万円から400万アップの、1600万円で売却できたというケースもあります。
このようなことは珍しくはなくて、見込み客がいる業者といない業者では、売り出し価格のベースとなる査定額がかわるのが普通なのです。

 

家を売るなら、400万円収益アップのほうがいいに決まってます。
家を売る費用の面からだけではなく、売却価格・収益の面からも、不動産業者の比較をおすすめします。

 

それから、周りに家を売った経験のある人がいたら、その人からのアドバイスはとても参考になりますから、是非一度話を聞いておきましょう。家を売ることはとてもエネルギーを必要とします。後悔しないように、賢く売却したいものですよね。